WiMAXキャンペーン比較【完全版】 » qa » 

BIGLOBE WiMAX 2+の特徴と評判は?


BIGLOBE WiMAXは、固定回線のプロバイダとしても有名なBIGLOBEが提供するサービスの1つです。プロバイダの中でも最大手の1つといっても良いBIGLOBEの安心感、そしてサポート体制については、まったく問題ないと言っても良いでしょう。

 

WiMAXサービスを提供するプロバイダは幾つもありますが、中でも群を抜いた存在だと言っても過言ではありません。当然ですが、BIGLOBE WiMAXではWiMAX2の提供も行っています。

 

キャッシュバックやタブレット端末のプレゼントなども行っているだけではなく、モバイルルーターも無料となるなど初期投資を節約することができるので、高い人気を誇っています。

 

ちなみに、BIGLOBE WiMAXとBIGLOBE WiMAX2の月額料金は同等となっていますので、自分の使用方法にあわせて契約をすると良いでしょう。

 

特に初心者の方からの評判が良く、やはりきめ細かいサポートがあるのは、大手ならではの強みです。他のプロバイダの場合、解約しづらいようになっているのですが、BIGLOBEではウェブ上からの手続きもできるので、お勧めのプロバイダの1つだと言えます。

 

実際にBIGLOBE WiMAXを利用している人の評判も概ね良いですね。特にサポート体制が充実しているので、何かあった時にもすぐに教えてもらうことができたという意見も多く見られました。

 

また、キャッシュバックとあわせても月額料金は安価な方ですので、ともかくWiMAXを使い方にはお勧めですね。大手プロバイダであることに安心感を抱いている人も多くいて、昨今では個人情報の流出などにも機をつけておくべきですが、BIGLOBEほどの大手は信用も集まりやすく、ブランド力の高いプロバイダと言って良いでしょう。

 

ユーザーからの評判で気になったものとしては、契約が2年となることです。WiMAXでは1年契約が主流でしたが、そもそもWiMAX2からは2年契約が主流となることから気軽に契約しにくくなったという意見もありました。

 

これからWiMAXを利用する方は、事前にWiMAXキャンペーン比較を参考にしてみてください。

地下鉄や地方でもWiMAXは使える?対応エリアについて


WiMAXを利用する時に気になるのが、外出先でも利用できるかどうかです。WiMAX最大の利点はLTEのような通信制限がないことであり、ルーターさえあれば自宅の中でも外出先でも同じようにインターネットに接続することができます。そんなWiMAXだからこそ、どの程度繋がるのかは非常に大きな問題だと考えて良いでしょう。

 

WiMAXが使用する周波数はWi-Fiで使われているものとほぼ同じであり、WiMAXを運営するUQコミュニケーションズでは、公衆無線LANスポットであるUQ Wi-Fiを提供しています。このUQ Wi-FiによってWiMAXは飛躍的に使える場所が増えたと考えても良いでしょう。

 

しかも、WiMAX加入者であれば、このUQ WiMAXの使用は無料となっていて非常に便利に利用できます。例えばですが、東海道新幹線のN700系の車両ならWiMAXも利用できますし、都営地下鉄の一部の駅を除いては全駅が利用可能地域となっているのです。

 

将来的にはUQ WiMAXといった簡易的な形ではなく、本格的にWiMAXが利用できるようにと、現在もエリアが拡大中だと言えます。基本的にWiMAXは都市部に強いとも言われていますが、確かに東京、名古屋、大阪などのような東名阪主要都市においては、人口カバー率が99%以上に達しており、全国の政令指定都市においても95%以上はカバーしています。

 

都市部においては、外の光が入ってくる場所は、WiMAXが使えると考えて良いくらいに繋がりますが、一方の地方ではどうしょうか。実際には山間部などではまだまだ対応していないエリアはあるものの、概ね好調に繋がることが多いです。これは都市部よりもユーザー数が少ないことから、通信が混雑することがないのが大きいと言われています。実際に東京の繁華街などと比較すると、地方都市の方が快適に繋がるといった経験をしている人も少なくありません。

 

また、地方では電波を妨害するような高い建物が少ないことも、快適に繋がる大きな要員だと言えます。ただし、沖縄などのように一部の地域しか対応しないエリアもあるので、今後の拡充に期待しなければいけません。

 

WiMAXキャンペーン比較【完全版】(TOP)

WiMAXからWiMAX2へ乗り換えるメリットとデメリットは?


WiMAXの新しいサービスである、WiMAX2は2013年からサービスが開始されました。WiMAXとWiMAX2では契約そのものが異なってきますので、既にユーザーとなっている人でもどちらかを選ばないといけなくなっています。

 

では、WiMAXからWiMAX2へと乗り換えるメリットとデメリットを考えてみると、やはり気になるのは通信速度です。そもそもWiMAXでも下り40Mbps程度の速度があったのですが、WiMAX2では下り最大で110Mbpsと2倍以上の速度となっています。

 

また、auとの連携を行っていることからauLTEの回線も利用できる上に、au Wi-Fi spotの利用も無料となっていることから、通信速度の点で言えば完全にWiMAX2の方が上であると言えるでしょう。

 

さらに言えば、auの回線も利用できるようになったことから、提供エリアがさらに広がっているのもポイントです。地方都市や地下街、建物の中などの従来のWiMAXでは使いづらかった場所も使えることが増えているので、使い勝手の良さは上がっています。

 

もう1つのメリットとしては、月額の利用料金が変わらないことです。通信速度、提供エリアの点に関して言えば、完全に上位互換となっているのですが、月額の利用料金は変わらないとなれば、乗り換えたいと考える人も多くなります。

 

他にも、最近ではWiMAX2への移行を促進するためか、キャッシュバックキャンペーンも額が大きくなっており、様々な面でメリットはあります。

 

一方のデメリットとしては、まだまだサービス開始から期間が経っていないこともあり、提供されるエリアが限られていることです。WiMAX2への接続ができなくともau回線へと繋ぐことはできるので、接続そのものは問題はありませんが、やはり本回線を使えるエリアが限定されるのはデメリットだと言えます。

 

また、最大のデメリットだと言えるのが、通信量の制限です。WiMAXの最も大きなメリットであった通信量が無制限であったのに対して、WiMAX2では月に7GBまでと決まっています。メリット、デメリットの双方を勘案した上で、乗り換えるかどうか決めていくと良いでしょう。

 

WiMAXキャンペーン比較【完全版】(TOP)

WiMAXは1年契約と2年契約、どっちがオススメ?


WiMAXの利用を検討している人は多いですが、意外と多いのが適当にプロバイダを決めてしまう人です。プロバイダの選び方はわからないという人もいるかもしれませんが、最もわかりやすいところでは、契約期間、契約特典、利用料金などを比較して決めていくようにすると良いでしょう。
一見すると、契約特典やキャンペーンなどを行っていてお得に思えたプロバイダも、実は良く良く考えれば損をしていた、なんてことは少なくありません。
その中で、代表的なものが契約期間です。一般的にWiMAXの契約をする時は、1年契約と2年契約の2パターンに分けることができます。2年契約では1年契約よりも月々の利用料金が安価になるなどのメリットもあるのですが、その分2年以内に解約をすると違約金が高額になるケースがほとんどです。
対して、1年契約の場合では先ほどとは逆で、月々の利用料金は2年契約よりも多少高めですが、その分違約金の金額も低めとなっています。WiMAXを長く利用する人なら2年契約でも問題ないかもしれませんが、とりあえず利用してみたいという人なら1年契約の方がお勧めです。
ただし、今後のWiMAXの流れを見ていくと従来のWiMAXではなく、WiMAX2に少しずつ切り替えをしていくそうなので、WiMAX単独での使用は長続きしないと考えられます。
WiMAX2の契約も行うのであれば問題ありませんが、WiMAXのみの契約を考えているのなら、2年契約よりも1年契約の方が良いかもしれません。
しかし、最近ではWiMAX2への加入者を増やしたいことから、各プロバイダではキャッシュバックキャンペーンを行うなど、積極的にユーザーの獲得に動いています。その影響もあって、WiMAXのみの契約の場合、1年契約を行っているプロバイダは少なくなっており、ほとんどが2年契約となっているのが現状です。1年契約をしたいのなら、プロバイダを選ぶ選択肢はかなりせばまるものだと考えておいて良いでしょう。
WiMAXキャンペーン比較で紹介したように、重視すべきポイントをしっかりと決めて選ぶことが大事ですね。

nifty WiMAXの評価とキャッシュバックキャンペーンについて


インターネットの固定回線プロバイダとしても有名なniftyが行っているWiMAXのサービスが、nifty WiMAXです。プロバイダとして老舗のniftyが行っていることから、信頼と実績は充分にあると考えても良く、ユーザーからの支持も高いのが特徴だと言えます。

nifty WiMAXは手続きが非常に簡単となっており、最短で申込みから4日で使用を開始することができ、さらには設定もラクにできると評判です。

nifty WiMAXの特徴としては、下り最大110Mbpsという回線速度の速さでしょう。これは理論値としての速度ですので、必ずこの速度が出る訳ではありませんが、それでも十分な速度だと言えます。無線通信において光回線なみの速度が出せるのは大きなメリットですね。
外出先で、動画を見たりすることが多い人でもストレスなく視聴することができるのでオススメです!

この高速通信はWiMAX2と呼ばれるサービスであり、さらにauが提供する4G回線であるLTEも使うことができるので、かなりの広範囲にわたって高速で通信することが可能です。
また、従来のWiMAXも使用できますので、通信量の制限を気にする必要もありません。
このことから、上でも書いたようにユーザーからの評判も良いです。

nifty WiMAXのキャッシュバックキャンペーンについて


nifty WiMAXではキャッシュバックキャンペーンも行っています。WiMAX2+に加入した方が対象となり、さらにはnifty WiMAXの対応機器を新規で購入した場合に限ります。
nifty WiMAXではWi-Fiモバイルルーターとタブレット端末のセットが1円で購入できるキャンペーンを行っているのですが、このセットを購入した場合はキャッシュバックキャンペーンの対象外となるので注意しておきましょう。
ちなみにですが、nifty WiMAXのキャンペーンは1ヶ月ごとに更新されるようになっていて、キャッシュバックキャンペーンは申込み多数となるとその月の受付を終了することもあります。ですので、キャッシュバックキャンペーンを利用したいのなら、見つけたらすぐに申し込むくらいでないといけません。
WiMAXのキャンペーン選びで悩んでいる方は、こちらのWiMAXキャンペーン比較の記事を参考に選んでみてください。

WiMAX2+の評判は?


2013年よりWiMAXを進化させたWiMAX2+のサービスが提供されるようになりました。サービス開始からしばらく経ったことになりますが実際の評判はどうなのでしょう。
まず、WiMAX2+は対応端末さえ持っていればWiMAXと同じ料金で、しかも面倒な契約手続きをすることなく利用することができます。通信回線を変える場合、乗り換え手続きが必要になるとどうしても面倒になってしまうものですが、そうした手間がなく対応端末さえ入手すればよいのでこの点の手軽さは高く評価されています。
WiMAX2+の利用可能エリアはまだまだ狭く、都心部をはじめとしたエリアだけとなっているのが現状ですが、今後エリアはどんどん拡大されていくでしょうし、WiMAX2+が利用できないエリアでは自動的にWiMAXを利用するようになっているためエリアによってはインターネットができないという心配もありません。以前からWiMAXを利用している人にとってはこれまで変わらずに使えるということになりますから、これは大きなメリットになるでしょう。
速度面でも大きく進化しています。WiMAXの速度は下りだと最大で40Mbpsとなっていましたが、WiMAX2+は最大で110Mbpsとなっています。2倍以上の速度が出るようになったということで今まで以上に快適にインターネットを楽しむことができるようになっています。
光回線の速度が100Mbpsであることを考えると光回線よりも速いということになりますから、速度面でのデメリットはまったくありません。また、通信量によって速度が制限されてしまう帯域制限もありませんのでいくらでも自由にインターネットを楽しむことが可能です。
こうしたことから、利用エリアはまだまだ狭いものの、WiMAX2+の評判は上々と言えるようです。特にこれまでと利用料金が変わらない、速度が大幅にアップしたという点は高く評価されています。料金が変わらないということはWiMAXのままにしておく必要がないということになりますので、多くの方がWiMAX2+へと変更しています。
現在では自宅だけではなく外出先でもインターネットを利用したいという方が増えていますので、リーズナブルな料金で高速通信が可能なWiMAX2+はさらに需要を伸ばしていくと考えられます。
WiMAXキャンペーン比較【完全版】(トップ)

WiMAXとイーモバイル、どっちがオススメ?


WiMAXとイーモバイルはモバイルルーターを利用して外出先でもインターネットが利用できるという点では共通しています。特徴は同じですが、細かい部分で違いがありますのでその違いを把握し、より優れた方を選ぶことが大切です。

通信可能エリアの違い


まず、通信可能エリアについてですがこれはどちらも95%ほどで大きな違いはありません。特に都心部や各地の主要都市に済んでいるという方にとってはWiMAXとイーモバイルの差を感じることはないと思います。ただ、わずかではありますがWiMAXの方がエリアは広いのでエリアの広さを重視したいという方にはWiMAXの方がオススメだと言えます。

月額料金と契約期間の違い


料金についてはどちらもまったく同じで基本的に差はありません。ただ、契約期間に違いがあります。プロバイダによっても変わってくるのですが、WiMAXは1年契約がある一方、イーモバイルは最短でも2年契約となっています。あらかじめ長く使うことを決めているのであれば問題ないのですが、1年ごとに契約を見直したい、まずは短期間で契約して使い心地を試してみたいという方には2年契約は少し不便で、この点でもWiMAXの方が優れていると考えられます。

通信制限の有無


そして、WiMAXとイーモバイルの最大の違いが通信制限の有無です。WiMAXは通信制限がないため、どんなに通信量が増えても同じ速度のまま使うことができます。ですが、イーモバイルは通信制限があり、1日に一定以上の通信量になると速度が制限されてしまいます。高速なインターネットができないとなればストレスにもなってしまいますし、仕事でインターネットを利用するとなれば大きな影響が出ると言えます。その他の面ではそれほど大きな違いがないWiMAXとイーモバイルですが、この違いは非常に大きなものとなるでしょう。

こんな方はWiMAXがオススメ


1日に何時間もインターネットでネットサーフィンをする、動画サイトを見るなど、通信量が多くなるサイトを頻繁に利用する方はWiMAXがオススメです。WiMAXのキャンペーンを比較して、選んでみましょう。

WiMAXとWi-Fiの違いは?


現在では、インターネットを利用するための技術にもさまざまなものが登場しています。中でも代表的なものとしてWiMAXとWi-Fiの2つがあるのですが、言葉もよく似ているこの2つにはどのような違いがあるのでしょう。自分に最適な方を選ぶためにも、違いを知っておくことは大切です。
まず、どちらも無線を利用した技術であることは同じです。たとえば光回線を利用してインターネットをする場合はケーブルをパソコンにつなぐ必要がありますが、WiMAXもWi-Fiもこうした作業の必要がありません。
無線である点は共通になるわけですが、具体的な違いとしては利用環境の違いが挙げられます。
WiMAXはインターネットを利用するためにルーターと呼ばれる専用の端末が必要になります。端末がなければインターネットができないということになるのですが、逆に言うと端末さえあればいつでもどこでもインターネットを利用することができます。
端末は非常に小さく、持ち運びが簡単にできるため、実質的には場所を選ばず好きな時にインターネットを利用することが可能です。一方、Wi-Fiは電波の中継基地となるアクセスポイントが近くにあることが条件となります。
つまり無線LAN環境が必要になります。現在では飲食店をはじめとして無線LAN環境が整っている場所も多いのですが、整っていない場所ではインターネットを利用することができません。無線LAN環境が整っている場所を探す必要がありますので、急いでいる時には少し不便に感じられてしまうこともあるでしょう。
従来にはWiMAXの方が通信速度は早く、Wi-Fiの方が遅いものでしたが現在では速度面での違いはほとんどなくなっています。契約するキャリアにもよりますが、Wi-Fiの方が速いということもあり、大きな違いは利用できる場所や範囲だけと言えます。
外出先でもインターネットをよく使うことになるのかどうかがWiMAXとWi-Fiのどちらを選ぶかに大きく影響してくるわけですが、利用範囲の広いWiMAXの方が現在のところ有利と言えるでしょう。
WiMAXキャンペーン比較【完全版】(トップ)

WiMAXと光回線を比較!どっちがオススメ?


pcインターネットを利用するための通信方法としてはWiMAXと光回線が代表的です。
どちらを選ぶか迷ってしまう方も多いと思いますが、それぞれの違いを把握しておけば自分に合った方をしっかりと選ぶことができます。
選ぶポイントは、ズバリ通信速度と月額料金です!

WiMAXと光回線の通信速度はどっちが速い?


まず、もっとも大切だと言える通信速度の違いについてですが、WiMAXの場合は下りの最大速度は約40Mbps、光回線は最大速度が100Mbps、もしくは1Gbpsとなっています。
この数値だけを見ると光回線の方が圧倒的に速いのですが、実際のところそれほどの差は出ません。光回線の最大速度はあくまでも理論上可能な速度で、実際にこれだけの速度が出ることはまず間違いなくありません。現実的にはWiMAXとの速度差はほとんどなく、どちらを選んでも変わりないと言えます。
むしろ、光回線は場合によっては周辺の家と回線を共有することがあり、周囲にインターネットを利用している家が多いほど速度が落ちていきます。こうなるとWiMAXの方が速いことも珍しくなく、安定した速度を求めるならWiMAXの方が優れているとも考えられます。

WiMAXと光回線の月額料金はどっちが安い?


では毎月の費用についてはどうでしょうか。
WiMAXは毎月の費用が3,000円から4,000円程度になります。光回線は5,000円前後になることが多いので、WiMAXの方が若干ではありますが安くなっています。
わずかな違いではありますが、長く使えば使うほどこの差は大きなものとなっていきますので、経済的な面ではWiMAXの方がはっきりと優れていると言えるでしょう。

WiMAXと光回線の最大の違い


そしてWiMAXと光回線の最大の違いが外出先でも利用できるかどうかという点になります。WiMAXは無線技術のため、ルーターさえ持ち歩いていればどこでも利用することができます。
光回線は有線のため外出先で利用するといったことができず、自宅だけではなく外出先でもよくインターネットを利用するという方にとっては大きな違いとなります。WiMAXと光回線にはこうした違いがありますので、違いを理解したうえでどちらか適している方を選ぶようにしましょう。

WiMAX選びのポイント


光回線とWiMAXで悩んでいたけど、WiMAXにしよう!と決めた方はキャンペーン選びに注意しましょう。他社とキャンペーン内容を比較して、1番お得なキャンペーンを利用することが重要です。初心者の方に向けて比較するポイントや失敗しがちなポイントについては、WiMAXキャンペーン比較【完全版】(トップ)で書いています。WiMAX選びで後悔しないように事前にある程度、知識をもっておき、快適なインターネット環境を実現させましょう!

インターネット引越しはフレッツ光よりもWimax導入がオススメ?


新生活に向けて一人暮らしをする方や、転勤や結婚で新居へ引越しをする方は、引越し先でもすぐにインターネットが使えるように事前に手続きをする必要があります。
まずは引越し先のインターネット環境を事前に把握する必要があります。昔のマンションやアパートの場合、フレッツ光の回線が引いていない可能性が高いため、その場合は引越し後に大家(オーナー)に事前に許可を得てから、工事をする必要があります。

壁に穴を空けるため、事前許可なく工事をしてしまうと家主とトラブルになることも...


私も過去に大家に言わずに光回線の工事をしていたら、とても怒られた経験があります。まずは引越し先のインターネット環境を把握することが大事だと身にしみました。
フレッツ光回線の場合、月額料金が大体6000円近くかかるし、工事に時間がかかるのですぐにネットが使えない場合が多いです。私は毎日自宅でネットを使っているので、何週間もネットが使えない環境は過酷でした。さらにその後、1年足らずで引越しをすることになったので、固定回線を引かなくても良かったのではないかと後悔しました。

フレッツ光よりもWimaxの導入を検討すべき?

最近では、自宅に固定回線を引かずにイーモバイルやWimaxを導入する人が増えてきました。もちろん、自宅だけでなく外出先でもネットが使えるようにしたいから、Wimaxと契約するという考えの方も多いですが、フレッツ光よりも料金が半額で済むし、工事をする手間てまをかけたくないと感じる人が増えているようです。
たしかにWimaxなら契約したら即日で使用ができるので、引越し先でもすぐに使えて便利です。Wimaxの場合、フレッツ光よりも通信速度が遅いのでは?と思う方もいますが、Wimaxは速度制限がないので自宅でも快適に使えます。
田舎や地下で使う場合は、スピードが遅くなったりネットに繋がらない可能性もありますが、都内や栄えている街の近くであればまず問題ないでしょう。
これまでの経験から引越しを境に固定回線を解約して、Wimaxを導入することがオススメです。もちろんWimaxにもメリットやデメリットがあるので、こちらのWiMAXキャンペーン比較【完全版】を参考にして、検討してみてはいかがでしょうか?

引越しは節約をしてお金をかけないようにしよう!


引越しはインターネットの手続きだけでなく、引越し業者にお願いをして荷物を搬送してもらうため、どうしても出費がかさんでしまいます。これから引越しを検討している方は、こちらの【引越し見積もり節約術】失敗しない引越し業者の選び方を参考にすることをオススメします。引越し費用を節約しつつ、新生活に向けて準備をしましょう!

最近の投稿